金属加工において欠かせない技術!酸洗いの概要と目的及び注意点を知ろう

酸洗いってどういう技術なの?

酸洗いとは、金属製の対象物を酸性の液体に浸すことで、その対象物に付いている汚れ(錆や不純物など)を除去する技術のこと。この作業において使われる酸性の液体は、硫酸や塩酸などがほとんどです。また、メッキ加工を行う前には必ずこの処理が行われるんですよ。なぜなら、酸でしっかりと汚れを取っておかないと上手く密着しないからなんです。チタンなどの金属に光沢を与えたいときも、この処理が行われます。いずれにしても、酸洗いは金属加工と切っても切り離せない関係にあると言っても過言ではないでしょう。

酸洗いの目的って何だろう

酸洗いの目的は、作業パート数を少なくすることにあるんですよ。酸洗いすることによって金属をヤスリなどで研磨する工程をカットし、短期間で光沢を与えることが可能になります。また、メッキ処理をする前に、本処理を施すことで失敗リスクを抑えられます。その金属本来の役割を取り戻すことも、酸洗いの目的のひとつ。たとえばステンレスを酸に漬けることで、表面に耐酸化皮膜が出来上がりサビに強い性質が蘇ります。洗浄と下処理及び被膜生成という3つの目的により、酸洗いは金属加工における主要なポジションを得るに至っています。

酸洗い処理に伴う注意点を知ろう

酸洗い処理を行う際は、その工程内に必ず水洗いを挟む必要があります。何故なら酸洗い直後の金属表面は非常にデリケートな状態になっており、水洗いをしないとすぐに腐食してしまうためです。酸洗いに使う硫酸や塩酸が非常に危険なことは誰もが知っていますよね?作業中に万が一のことが起きないように、万全の安全対策を施す必要があります。また、処理に使われた工業用水は当然のことながら非常に汚染度が高いため、排出の際はしっかりとした処理が求められるでしょう。

酸洗いは、ステンレス、鉄、チタンなどの素材に対して行うもので、洗浄してキレイにするためや、耐食性を高めるために行われます。