BCP対策は大丈夫ですか?決してひとごとではありません。

BCP対策とは何でしょうか

BCP(Business Continuity Planninngの略語です。)対策というのは、事業継続計画のことです。災害のような大きな何かが起こった場合に、重要な業務が中断したりしないように、また、中断したとしてもなるべく早く重要な業務を再開させてその被害を最低限に抑えるための計画です。企業などが安定した業務を行うためには、あらかじめ取り組み、策定しておくことが必要です。電力事業者・通信事業者・銀行など金融事業者、などの、停止した場合に人々の生活に大きな影響を及ぼすところでは率先して導入されていました。しかし、2011年3月11日に起きた東日本大震災では、多くの中小・零細企業が大変な被害をうけ、廃業したところも少なくありませんでした。事業が続けられたところでも事業を縮小せざるを得ないところもあったそうです。そうしたこともあって、BCP対策への対応が急がれているのです。

BCP対策の必要性は?

BCP対策が必要になるときというのは、地震や台風などに代表される自然災害・火災・新型で未知の病気の流行・戦争や紛争・事故やテロ・などといった前もって予測することが難しい緊急事態が起こってしまったときなのです。リスクはあげればきりがありません。こんなことは起こらないことがいちばん良いのですが、残念ながら努力して防ぐということはできません。心がまえももちろん大切ですが、やはり何らかの対策も必要ではないでしょうか。

これから何があるかわからない!BCP対策を始めよう

BCP対策が必要なのはわかったけれだも、具体的に何をすればよいのかわからない、そういうこともあると思います。ただ難しく考え過ぎることはなく、経営に取り組んでいる方が日々実践している、事業を続けていくための努力と同じものなんだ、と思うことができます。もしもどうしてもよくわからないことがあったら、商工会議所・商工会・中小企業団体中央会・銀行などの金融機関・あるいは弁護士・税理士・そういったところに相談してみるのもひとつの方法です。いつ、何が起こるかわからないからこそ、対応していくことが大切です。

BCP対策とは、緊急事態に備えて予め決めておく計画のことで、損害やダメージを最小限度に食い止めることが目的です。